>>M.I.D. 2020サマープロモーション!9月30日まで対象製品のご購入でハイエンドケーブルを無償バンドル!
TOP > TK audio > T-Komp 500
T-Komp 500
T-Komp 500
T-Komp 500
T-Komp 500

TK audio T-Komp 500

500-series mono compressor
・レベルに依存するVari-Muタイプのレシオ設定
・用途に応じて変更可能な2つのレシオレンジ
・5つのRMS検出速度設定
・ブレンドコントロール搭載
JAN:4562218729839

T-Komp 500はバリアブルミューコンプレッサーの持つレシオカーブを現代のレコーディングに実現するユニークなデザインのAPI500フォーマットのモノラルコンプレッサーです。レシオはレベルに依存するので、インプットレベルの増加に伴いコンプレッション比率が増加します。これは多くの可能性を提供するコンプレッサーデザインです。

よりフレキシブルに活用するために、T-Kompには2つのレシオレンジが設けられました。インストルメント、特にドラムトラックのスマッシュさせるのに最適な20:1までのレンジと、バスコンプレッサーに最適な2:1までのより狭いレンジです。

T-KompのRMSディテクタの検出速度はTimingコントロールと名づけられた5つのコントロールから設定することができます。4番目が最も低速で、これは160-VUコンプレッサーと同じ設定です。そこから1番目までは段階的に速い設定にすることができます。5番目の設定はプログラム依存のアダプティブモードです。このモードにすると不要な低周波数を防ぐ為に速いシグナルに対しては速く、遅いシグナルに対しては遅くRMSディテクタが機能します。

Input impedance: 24kohm
Output impedance: 50ohm
Max in/output level: +26dBu
Frequency response: 20Hz to 20kHz +/- 0,1dB
Signal to noise ratio @ 0dBu: better than 94dB
THD: level and compression dependent, mostly even harmonics

Threshold
Make-up gain: 0 to +20dB
Blend control: from dry to wet

Timing
fast
medium fast
medium slow
slow (160VU)
program dependent adaptive mode

In: compression in/out
2:1: selects a more narrow ratio range
Gain reduction meter
よくある質問
 
本サイトに記載の製品の外観、仕様、外装は予告無く変更する場合あります。