TOP > OVERLOUD > Rematrix
Rematrix

OVERLOUD Rematrix

Multi Layer ConvolutionReverb Plug-in
- 5つの異なるリバーブプロセスを並行
- 互いに独立してリバーブ処理を行う5種類のIRをサミングし自分だけのオリジナルIRを作成
- リバーブ音に後続のエフェクト・チェインで空気感や温かみを加え、さらには残響感を全く新しくリシェイプ
- 全く新しい観点からリバーブにアプローチし、ユニークかつ圧倒的な質感
JAN:4562218724568
本製品はEメールにて製品ライセンス発行用のシリアルナンバー、日本語pdfマニュアルが納品されるオンライン納品専用商品です。
物理的な製品パッケージ等の発送はありませんので送料も無料でご購入頂けます。代引きにてご注文ご希望の方のみ簡易パッケージ版での納品も可能です。(内容はオンライン納品版と全く同じものを郵送にて発送)

オンライン納品商品の納期について。
製品シリアルナンバーは営業時間内にご連絡差し上げます。弊社営業時間外にご注文頂いても即ライセンスが発行されるわけではありませんので予めご了承下さい。


- 5つの異なるリバーブプロセスを並行
- 互いに独立してリバーブ処理を行う5種類のIRをサミングし自分だけのオリジナルIRを作成
- リバーブ音に後続のエフェクト・チェインで空気感や温かみを加え、さらには残響感を全く新しくリシェイプ
- 全く新しい観点からリバーブにアプローチし、ユニークかつ圧倒的な質感
- 6種類のマスターエフェクト
- 全てのパラメーターをオートメーションへアサイン可能
- 低レイテンシー


本製品はEメールにて製品ライセンス発行用のシリアルナンバー、日本語pdfマニュアルが納品されるオンライン納品専用商品です。
代引きにてご注文ご希望の方のみ簡易パッケージ版での納品も可能です。(内容はオンライン納品版と全く同じものを郵送にて発送)
REmatrixは5つのジャンルに分かれたインパルス・レスポンス(以下「IR」)・サンプリング機能を持ち、複雑で独特な空間表現を生み出します。リバーブ音に後続のエフェクト・チェインで空気感や温かみを加え、さらには残響感を全く新しくリシェイプし、これまでのどんなツールでも得られなかったリバーブ・キャラクターをREmatrixで体感して下さい。

REmatrixを選択する理由
サンプルとなる空間を再現する際にはIRリバーブは非常に有効なエフェクトです。しかし一般的なIRリバーブはサウンドアレンジの幅が狭く単純なエディットしかできず、シミュレートした空間特性を積極的に変更して行くことができませんでした。
複雑なコントロールが必要な場合はどうでしょう?オリジナルのIRサンプルの様々な要素を編集したい時はどうでしょう?REmatrixで答えを見つけて下さい。

答えはREmatrixの中に
REmatrixは5つのリバーブ・プロセッシングを同時に平行して行う機能を持ちます。互いに独立してリバーブ処理を行う5種類のIRをサミングし、あなただけのオリジナルIRを完成させて下さい。それぞれのIRセクションは、複数のパラメーターによる調整と、2種類のEQを追加して音色を好みに仕上げるエディターも搭載しています。リバーブ音に磨きをかけ最終ミックスに馴染ませる為の6種類ものマスターエフェクト(MODULATION、DRIVE、DELAY等)でREmatrixプロセッシングを締めくくりましょう。

かつてないほどの柔軟性と操作性を持ったコンボリューション・リバーブの融合、それがREmatrixです。
高品質なファクトリー・ライブラリを使用して、あるいは自分だけのカスタム・ライブラリを駆使しながら、全く新しい観点からリバーブにアプローチし、ユニークかつ圧倒的な質感を体験して下さい。


・5つのIRマトリックスを持つマルチレイヤー・コンボリューション・リバーブ
・6種類のマスターエフェクト
-アルゴリズミック・リバーブ
-ディレイ
-モジュレーション
-ドライブ
-コンプレッサー
-イコライザー
・250種類のImpulse Response
・ジャンル、楽器などでカテゴリ分けされた400を超える即戦力プリセット
・IR、パラメーターの変更時にも音が途切れないシームレス・プロセッシング
・調整可能なファクトリーIR
・インポート可能なユーザーIR
・各IRセクションの調整ポイント
-EQ
-Length
-Delay
-Stereo Field
・全てのパラメーターをオートメーションへアサイン可能
・低CPU負荷仕様
・ゼロ・レイテンシー


使い方
Unlimited tonal flavors
最も素早くREmatrixを使用するには、ファクトリー・プリセットを読み込み5つのIRをバランス良く調整して下さい。
自分だけのオリジナルプリセット作成は非常に簡単で、今までにない操作感を味わう事ができます。例えばプリセット作成の一例をご紹介しましょう。

1:まずは適切な量のHALL IRを設定します。
2:ステレオフィールドを絞ったROOM IRでモノラル成分を安定させます。
3:PLATE IRでステレオ・ワイズに僅かに広がりを持たせ、音楽的で生き生きとしたディケイを感じさせます。
4:スピード感をつける為にEARLY IRを付け加えましょう。
5:最後にSPECIAL IRの調整で、リバーブ全体の立体感を演出します。

Master effect section
前述の通りREmatrixはMOD、REV、DELAY、DRIVE、COMP、EQと6つのマスターエフェクトを搭載しています。
IRセクションを思い通りのバランスに調整ができたら、設定された5つのコンボルバーにモジュレーション・コントロール(MOD)で煌びやかさを加えます。歪み感(DRIVE)とコンプレッション(COMP)ノブでキャラクターに積極的な色付けもできます。ルームマイクに深くコンプレッサーをかけ歪みがかかった気持ちのよいサウンドを再現しましょう。
OVERLOUD製リバーブ「BREVERB2」をベースにしたアルゴリズミック・リバーブ(REV)は、テイルのナチュラルさとリアリティを確保する必須のツールです。基本的にREVエフェクトはコンボリューション・リバーブと併用してご使用下さい。
これはディレイエフェクト(DELAY)にも同様の事が言えます。空間の奥行きや広がりを創造し、REmatrixの多様性とトーン・エディットの可能性を無限に広げて行きます。

Full control over each IR property
5つのIRセクションはプラグインウィンドウ左側に表示されるExtended Control上で自由にカスタム可能です。
2タイプのパラメトリック・イコライザー「EQ1」「EQ2」、リバーブ音のステレオポジションをコントロールする「PAN」、音場全体のステレオ・ワイズを調整する「STEREO」。
「LENGTH」はIRのデュレーションの長短を調節します。そして最後の「DELAY」は各リバーブのかかり始めのポイントを遅らせるイニシャル・ディレイタイムを決定します。


【動作環境】
Macintosh minimal requirement
MacintoshR Intel Core DuoR 1.5GHz with 1Gb of RAM, 1024x768 screen.
Mac OS X 10.6 Snow Leopard and above are supported.


Windows minimal requirement
Windows minimal requirement
PentiumR IV 1.5GHz / AthlonXP 1.5GHz with 1Gb of RAM, 1024x768 screen.
WindowsR 7 and WindowsR 8 are supported.


【フォーマット】
AAX / RTAS / VST / AU

【オーソライズ方式】
USBメモリオーソライズ / チャレンジ&レスポンス