elysia skulpter 500

skulpter 500
skulpter 500
skulpter 500
skulpter 500

elysia skulpter 500

販売価格:税込¥108,000
※8%税込の販売価格です。販売価格は予告無く変更する場合があります。
The skulpter 500はレコーディングにおける究極のフロントエンドツールです。
100%ディスクリート・クラスA設計による高品質なプリアンプは、どんなマイクロフォンでもその特性を活かした真にナチュラルなサウンドを実現します。

これだけでは満足できない方の為に、2つの可変サチュレーションフィルターとインテリジェントなコンプレッサーが用意されており、ヴォーカルでもインストルメンタルでも、まるで最終的なミックスのように仕上げられたサウンドを作り上げることができます。

フロントパネルに搭載されたバランスドDI入力は広いヘッドルームを提供します。ギターやベース、シンセサイザーや様々な効果音がこのskulpter 500の多彩な処理能力の恩恵を受けることが可能です。

The skulpter 500は単なるプリアンプではありません。DAWの前で必要な機能をふんだんに盛り込んだレコーディングソリューションなのです。

Dual Sound Shaper

サチュレーションフィルターは最終的なミックスのように仕上げられたサウンドを作り上げることができます。

・Shape One: Instruments

太く大きなサウンドにするうえで最も最初にすべきことは、倍音成分を付加することです。このサチュレーションの強さは入力レベルとゲインのコントロールで決定され、同時に4kHz前後のハイカットを備えたEQカーブが適用されます。その結果、ピークが抑えられつつも太くファットなサウンドができあがるのです。

Shape Two: Vocals

ボーカルトラックでも同様にサチュレーションの恩恵を受けることができるうえ、更にチューブライクな特性曲線によるより音楽的なソフトクリップリミッティングの効果を得ることができます。

Shapeノブはこれらのカラーリングをミックスする為のコントローラーです。
Skulpter 500のこのサウンドシェイピングの最大のポテンシャルは、このフィルターとダイナミクスセクションによって完成形のサウンドをすぐに作り上げられることにあります。

Variable Low Cut

ローエンドのランブルを取り除くためのローカットフィルター。
ローカットはプリアンプには欠かせない機能ですが、カットする周波数帯が固定されているものがほとんどです。kulpter 500は10Hzから375Hzまでの広い周波数帯を自由に可変コントロールすることができます。

Intelligent Onboard Dynamics

たった1つのノブでコントロールすることができる優れたコンプレッサーです。シンプルでありながら、信じられないほど便利なダイナミクスセクションです。
レシオは3:1のソフトニーに固定されており、スレッショルドをノブでコントロールします。アタックタイム及びリリースタイムは最も有用なセッティングになるよう設定されます。

100%ディスクリート・クラスA設計による回路は高品質のオーディオパスを提供し、skulpter 500のこのダイナミクスセクションだけをとっても最高のコンプレッサーと言えるでしょう。
更に驚くべきことに、このワンノブのコンプレッサーにはelysiaの誇るオートファスト機能が搭載されています。入力信号に合わせてアタックタイムを自動で調整することで、サウンドに激しいインパルスとトランジェントを与えることが可能です。

Balanced DI

ギター、ベース、シンセ、その他のソースを強力なプリアンプやプロセッシングステージに直接接続するためのハイインピーダンス/ヘッドルームDIがフロントパネルに搭載されています。

Multifunction Meter
15個のLEDによるメーターセクションでは、出力レベル、プリアンプゲイン、コンプレッションの強度、および内部クリッピングを表示することが可能です。

・入力クリッピング
プリアンプの入力でクリッピングが検出された場合、メーターの最上部のLEDが点灯します。過負荷の強さを反映するために輝度が変化します。
・Compression Intensity
メーターの最下部のLEDはダイナミクスセクションがアクティブである場合にコンプレッションの強度を表示します。圧縮量に比例して輝度が変化します。
・Level Meter
メーターの中央にある13個のLEDはプリアンプの出力レベルを示します。不安定なちらつきではなく滑らかに遷移します。
・ゲインインジケータ
ゲインエンコーダを押す(GAINノブをプッシュ)と、レベルメータがゲインインジケータに変わります。この場合はLEDの右側にプリントされたスケールが適用され、メーターにはプリアンプが現在生成しているゲインの量が表示されます。


Total gain range:3 - 65 dB in 1.5/2 dB steps
Frequency response:
@ 3 dB gain:10 Hz - 170 kHz (-3 dB)
@ 29 dB gain:10 Hz - 170 kHz (-3 dB)
THD+N:
@ +6 dBu out level, 3 dB gain, 20 Hz - 22k Hz:0.007%
@ +6 dBu out level, 29 dB gain, 20 Hz - 22 kHz:0.007%
Noise floor:
@ 3 dB gain, 20 Hz - 20 kHz (A-weighted) :-97 dBu
@ 29 dB gain, 20 Hz - 20 kHz (A-weighted) :-93 dBu
Common Mode Rejection Ratio:
@ +6 dBu out level, 29 dBu gain, 1 kHz:87 dB
@ +6 dBu out level, 29 dBu gain, 10 kHz:69 dB
Maximum level:
Mic Input:19 dBu
DI Input:19 dBu
Output:21 dBu
Impedance:
Mic Input:13.6 kohm
DI Input:1 megohm
Output:62 ohm
Power Consumption:
Total:116 mA