elysia mpressor 500

mpressor 500
mpressor 500
mpressor 500
mpressor 500

elysia mpressor 500

販売価格:税込¥86,400
※8%税込の販売価格です。販売価格は予告無く変更する場合があります。
mpressor 500は強烈でパンチィなキャラクターと繊細なクラスAサウンドを併せ持つラックマウントタイプのslysia mpressorの偉大な性能と効果を500シリーズフォーマットにもたらします。その優れたサウンドと柔軟性は一般的なコンプレッサーを遥かに凌ぎます。レコーディングとミキシングにおいて最適な選択肢と成り得るでしょう。

レシオ値をマイナスに設定可能な”ネガティブ・レシオ”、リリースタイムが圧縮が始まると長く減退し始めると速くなる”アンチログ・モード”といった機能を含む革新的なコンプレッサーは、スペクトラム全体にユニークなダイナミクスシェイピングを形成します。
更にmpressor 500にはオリジナルのmpressorには無い新機能としてTHDブースト機能が追加され、サウンドのカラーリングとサチュレーションエフェクトを与えることが可能です。
これらの創造的なアプローチによって、mpressor 500は次世代のダイナミクスコントロールを実現したのです。

100% クラスA回路
mpressor500のオーディオパスは集積回路を使用していないディスクリートクラスA設計です
ディスクリート回路の利点を説明するために、少々変わった説明のしかたをしましょう。
例えば料理をする際に、インスタントなすぐに使える材料のみを使用している人がいるとします。その場合、彼は材料を選定することなく用意されたものは何でも使わなければいけません。それに対してクリエイティブな料理人は、己の特別なレシピや食材に焦点を当てています。
集積回路はここでいう前者に似ています。価格も安いので多くのハードウェア製品に使用されていますが、食材として例えると高級料理には合わないものです。もしあなたがアナログオーディオ機器に対して一切の妥協をしたくないのであれば、ディスクリートクラスA設計の製品を選択するほかありません。

mpressor500も結果的にこの考え方に基づいて作られたものだと言えます。
高品位なディスクリートパーツによって構成された完璧なオーディオパスはあなたの最高のレシピとなり得るでしょう。

加えて、このクリエイイティブなコンプレッサーは永久クラスAモードとして動作します。それはつまりトランジスタが常に動作しクロスオーバーディストーションを軽減することで自然なままのサウンドを提供することを意味します。
このおかげでmpressor500は常にワイドでオープンでパンチィなサウンドキャラクターを提供することができます。

THD Boost
オンザフライ・カラーリングとサチュレーションエフェクトを付加しサウンドに味付けをします
THDブーストを有効にすると、ゲインコントロール前のレベルを上昇させることができます。これは、アンプの入力ステージで倍音を付加することになり、サウンドシグナルの構造に大きな影響を与えるものです。

mpressor500はピュア・フィード・フォワード・コンプレッサーですので、ゲインポテンショメータは各コントロールの前に位置します。これは、サチュレーションエフェクトをゲインの調整によってコントロールすることができることを意味します。
サイドチェイン用の探知シグナルは並列に実行されるのでこのTHDブーストの影響は受けません。実際のコンプレッションには影響を与えないでサウンドにカラーリングを施すことができるのです。

結果としてサチュレーションエフェクトを生みますが、実際のコントロールに関わるシグナルはオリジナルのサウンドのトランジェントやインパルスに基づいてコンプレッションが行われます。

Auto Fast

セミオートメーションのアタックタイム
アタックのコントロールはコンプレッサーのコントロールの中でも非常に重要な役割を果たします。ですので常に正しいアタックタイムの設定が必要とされますが、ソースとなるサウンドのダイナミクスの程度に応じてコントロールすることは困難な作業となります。これは単一のトラックであろうと、ミックス処理が行われた場合であろうと関係なく重要な問題です。

アタックタイムを非常に速くするとコンプレッサーは短いピークをキャッチすることができる反面、サスティーンシグナルに歪を与える原因に成り得ます。逆に遅いアタックタイムの設定では歪やノイズは軽減できますが高速なインパルスをキャッチできなくなります。

ここでAuto Fast機能の出番です。
例としてアタックタイムを80msに設定してAuto Fast機能をオンにしてみます。すると、速いラウドなインパルスが入力された時に自動的にアタックタイムは短くなりピークを逃すことなくコンプレッションが行われます。その後、自動的にアタックタイムは元の80msへと戻ります。



つまり、Auto Fastモードでは本当に速いアタックタイムが必要な時だけ自動的に早いアタックタイムにすることができるのです。
この機能はラウドで早い入力があった時のみにパラメータに影響を与えるもので、他の全ての場合には各コントロールで設定された値が優先されます。

Anti Log
アンチ・ログは一言で言えば"コンプレッションの効果を目立たせるかどうか"を決めるリリースタイムのパラメータです。
一般的なルールとして、マスタリング段階でのコンプレッションは控えめなものであるべきで、リニアなカーブのコンプレッションが行われます。
ロガリズミック・リリースの特徴として、ゲインリダクションの増加に比例してリリースタイムが短くなるというものがあります。この動作のメリットはショートでラウドなピークシグナルは速いリリースタイムになり、ほかのシグナルは遅いリリースタイムになる点です。

しかしここで、意図的に印象的かつ創造的なコンプレッション効果を得たいのであれば、これを全て逆に行うことが望ましいです。
mpressor500のアンチログモードでは一週廻って全く異なる方法でコンプレッションが行われます。

シグナルがスレッショルド値を超えてコンプレッションが開始されると、リリースタイムは始めは長くなります。そして入力シグナルが減衰するに連れてリリースタイムは短く速くなります。



この特別な処理はゲインリダクションのの量とは独立して行われます。コンプレッションが10db、20dbとゲインリダクションを行ったとしてもアンチログのカーブは全く同じ形状を描きます。
この機能を活用することであなただけの様々な例外的なコンプレッション効果を生むことができるのです。

Negative Ratios

通常1:1までのレシオ値をマイナスに設定可能
ネガティブ・レシオ - この言葉は正確に何を意味するのでしょうか?この機能のより良い理解を得るためには、「正常」なコンプレッサーのレシオが何を意味するかを考えることが重要です。

1:1のレシオ値ではシグナルは線形のままでコンプレッションは行われません。
1:2のレシオ値では、スレッショルドを2dB超えたシグナルは1dBに圧縮されて出力されます。
1:∞のレシオ値では、いくら入力レベルを上げても出力はスレッショルド値を超えません。リミッターとして動作します。

ではここでレシオ値をマイナスにすると、スレッショルド値を超えたシグナルはそこで折り曲がるようにカーブし出力はダウンします。これは、インプットシグナルが大きくなるにつれアウトプットシグナルが小さくなることを意味します。非常にユニークなエフェクトで、グルーヴィなコンプレッションやスペーシーなエフェクトをかけるのにも最適です。
ゲイン・リダクション・リミッター機能を併用してこのネガティブ・レシオの引き起こす極端に破壊的な効果を抑えるのは非常に有効なアイディアです。



Gain Reduction Limiter


コンプレッサーのリダクションをリミッティングする機能です。
入力レヴェルをどれだけ上げてもリダクションは設定したリミット値を超えません。
アレンジメントの大きいパートやトラックの場合、この機能を有効に使うことによってダイナミクスを維持しながらコンプレッションを行うことができます。