Shadow Hills Industries Mono Optograph 500

Mono Optograph 500
Mono Optograph 500
Mono Optograph 500

Shadow Hills Industries Mono Optograph 500

販売価格:税込¥228,960
※8%税込の販売価格です。販売価格は予告無く変更する場合があります。
Mono Optograph 500はAPI500フォーマットの1chディスクリート・コンプレッサーです。サウンド及びデザインはShadow Hillsコンプレッサーの長兄ともいえるMASTERING COMPRESSORのオプティカル・ステージを受け継いだものです。
インプット段はJensenオリジナル・トランス、出力段はShadow Hillsオリジナルの"ニッケル"トランスです。
本コンプレッサーのキャラクターの本質は、Shadow Hillsのカスタム・エレクトロルミネセント・セルとディスクリート・オペアンプの組み合わせから来ています。
高品位回路の自然な仕上がりはバス・コンプレッサーとしての使用に最適で、ユニークなキャラクターはワールドクラスのヴィンテージ・コンプレッサーを連想させます。
また、Mono Optographはドラムを引き締めたりボーカルを馴染ませるといった場合に最適です。
トラッキング時はもちろん、ミキシング作業においてサウンドを「レコードのような」完成形に仕上げるために、Mono Optographは最高の粘り(Glue)を加えます。

スレッショルド、メイクアップ・ゲインはMastering Compressor同様ディスクリート・アッテネータで24ステップのカスタムElmaスイッチによりコントロールされます。このコントロールの質感と品質は他の追随を許さない最高品質のものです。

Mono Optographはサイドチェインとして、90/150/250Hz及びバンドパスの非常にパワフルなフィルターを使用することが出来ます。特定のフィルタをオンにすることでコンプレッションが開始されるポイントを選択することが可能です。
ファースト・ポジションでは90Hzでトリガーされコンプレッションが開始します。セカンド・ポジションは150Hzで、サード・ポジションでは250Hzです。フォース・ポジションではミュージカル・バンド・パスフィルタとして機能します。このポジションの時は最も高い周波数帯及び低い周波数帯は無視され、ミッドレンジのみに反応してコンプレッションがかかります。
このフィルタはどこをどのタイミングでコンプレッションしたいかフォーカスを合わせる際に非常に便利です。

もう一つの特筆すべきユニークな機能として"Transformer Desaturate"モードがあります。このモードでは出力トランスによって生じている(つまりそのユニークなサウンド・キャラクターの元になっている)歪みやノンリニアな周波数をキャンセルする仕様となっています。この機能により、アタックをリミッティングしながらもトランスのキャラクターを感じさせないなプレーンなサウンドを得ることが出来ます。

VUメーターはゲイン・リダクションを表示します。
筐体は12ゲージのスチールで製作されており、フロントパネルの文字は彫り込みで作られ、カスタムメイドのノブが装着されています。

Features
純粋なサウンド・クオリティとユニークなキャラクター
切替可能なサイドチェインフィルタ搭載
戻り防止機構スイッチ
文字を彫り込んだフロントパネル