TOP > TK Audio > BC1Ltd
BC1Ltd
BC1Ltd

TK Audio BC1Ltd

100台限定生産のアニバーサリーモデル
ハードニー設定の「Grab」機能搭載
エクスターナル・サイドチェイン
サウンドメイクの為のTHDファンクション
ブレンド・コントロール
JAN:4562218728849
2018年に創立10周年を迎えたTK audioは100台限定生産のアニバーサリーモデル「BC1Ltd」をリリースしました。BC501に搭載している最も要望の声が多かったTHDファンクションやスイッチャブル・サイドチェイン・フィルターなどの機能を追加し、さらにはBC1Ltdで初めて「Grab」機能を採用しました。GrabをオンにするとThresholdがハードニー設定となり、ドラム・バスに最適なより強めのコンプレッションが得られます。フロントパネルにはアルマイト処理を施した滑らかな仕上げのブラッシュドパネルを組み込み、100番までの通し番号を表記した特別仕様となっています。

BC1Ltdは1980年代半ばからレコーディング現場で標準的に使用されている有名なバス・コンプレッサーを連想させるスムースなバス・コンプレッションを提供します。ミックス・エンジニアたちは、鮮明さを失わない透明なコンプレッション・サウンドでミックスに力強さを与えるその機材を"The Magic Glue" (魔法の粘り)と表現します。BC1Ltdはまさにその粘りとパンチを提供します。もちろんドラム・バスやインストゥルメンツのコンプレッションとしても最適です。

ブレンド・コントロールはドライ・サウンドとコンプレッション・サウンドをミックスすることができます。ブレンド・コントロールのミュートsw.はドライ・サウンドをミュートすることができ、ブレンド・コントロールの設定を変えることなくコンプレッションの調整ができます。 On/Off可能なサイドチェイン・フィルターは80Hz、150Hzあるいは220Hz以下のシグナルにコンプレッションが反応しないようにすることができ、低域を多く含んだ入力素材によるコンプレッションのかかり方を調整できます。エクスターナル・サイドチェイン入力は外部からの入力によりBC1Ltdのコンプレッション回路を動作させます。

仕様
周波数特性:20Hz ~ 20kHz <-0.025dB、20Hz ~ 20kHz <-0.3dB
入力インピーダンス:24kΩ
出力インピーダンス:50Ω
最大入力レベル:+26dBu
最大出力レベル:+27dBu

Features
Threshold:-20dB to +20dB
Ratio:1.5:1 / 2:1 / 4:1 / 10:1 / Hard
HP Filter:80Hz, 150H, 220Hz(6dB/oct)
Attack:0.1, 0.3, 0.6, 1, 3, 6, 10, 30, 60, 120mS
Release:50, 100, 300, 600mS, 1.2S, Auto
メイクアプゲイン:0 to +20dB
External Sidechain:3.5mm(1/8”) TRS端子
エクスターナル・サイドチェイン
Blend(Wet/Dry)コントロール
ゲインリダクションメーター
シグナルに倍音を付加するTHDスイッチ
スレッショルドのニーをハードに設定するGrabスイッチ