AvidZoneProは業界標準のDAWシステムPro Tools及びAvid社の製品情報,Tips,update情報を定期的に掲載するポータルページです
AVID Products 一覧
Pro Tools11

〜 Coreエンジン、64ビット・アーキテクチャ、そして更に進化したメーター機能が、大規模セッション、バーチャル・インストゥルメントやエフェクトを多 数使用した作曲作業、そしてMedia Composerでの編集とのダイレクトなコラボレーションなど、今日のプロフェッショナルが必要とするオーディオ環境の構築を支援 〜

Pro Tools 11は、現代のプロフェッショナルたちが加速度的に複雑さを増すセッションやタイトなスケジュールの中で必要とする、新たな機能、パフォーマンス、そしてワークフローを兼ね備えています。重要な新機能は以下の通りです。
<完全に一新されたオーディオエンジンのデザインと64ビット・アーキテクチャ>

新たなAvid Audio Engine:
ハードウェアの構成が同じ状態でPro Tools 10と比較すると数倍の処理能力を提供。
64ビット・アーキテクチャ:
バーチャル・インストゥルメントの同時使用可能数を指数関数的に増加させると共に、複雑なセッションの使用も可能。
オフラインのバウンス作業:
ミックス時間が最大でリアルタイムの150倍にスピードアップ。プロジェクトにもよりますが、例えて言うなら1時間のラジオ番組が45秒でバウンスできる速さです。
低レーテンシー入力バッファ:
プラグインのパフォーマンスを阻害することなく、録音時のモニタリングにて超低レーテンシーを保証。
ダイナミックなホスト処理:
必要に応じて処理リソースを継続的に再割当てするため、使用可能なプラグイン数を最大限まで拡大。
<拡張されたメーター機能>
規格対応:
ビルトイン・メーターの基準値の種類が増え、ピークおよび平均値からVU及びPPMまで、世界各地の放送規格に対応。また、メーター表示が改善され、より高解像度となり 30%表示レンジが縦方向に拡張しました。
ゲイン・リダクション:
各チャンネルのダイナミックス・プラグインのゲイン・リダクションを表示。
<ダイレクトなHDビデオのワークフロー>
Avid Video Engine搭載:
Media Composerと同じコアエンジンを搭載しており、Avid DNxHDRなど幅広いHDビデオフォーマットをトランスコードすることなくPro Toolsのタイムライン上で直接的に再生・編集が可能。