モジュモジュ村民 KURφ(PSYRISTOR TARX)
モジュラー歴:2014年に808のドラムモジュラーから

プロフィール
1994年、Yellowのレーベルコンピに参加、ドイツのトランスレーベル 「SPIRIT ZONE」より、日本人初のシングル「JAPAN EP」をリリース。
1995年、TOKYO TEKNO TRIBEに参加しポニーキャニオンよりアルバム、コンピ3枚をリリース。
1996年 日本初野外テクノイベントRAINBOW 2000にアンダーワールドなどと出演する。
KURφ、CHARM、takeichiro名義でドイツ、イギリス、ギリシャなどでリリース&LIVEを行いインターナショナルな活躍してきた。
現在、Boshke Beats RecordsからテクノトラックのリリースやJUNO REACTOR、X-Dreamなどのリミックスするなど、モジュラーシンセを使い、フロアで機能する楽曲を追求し、 テックトランス、ミニマルテクノなど、さまざまの要素を取り入れ楽曲を制作し意欲的にDJ、LIVEを行っている。

https://soundcloud.com/psyristor
サウンド
使用機材
左から
Neutron Sound Orgone Accumulator DIY
Qu-Bit Wave
Random Source Serge Resonant Equalizer
Mutable instruments Rings
Ladik S-180 8-Step Sequencer
Ladik S-182 CV outputs
Malekko Heavy Industry Varigate 4
Eowave Sommateur X6
Synthrotek Skiff Boat Case 104HP
MODULARとの出会い
TR-808のBassDrum音源を探している時にたまたまTiptop Audioのホームページを見つけて購入してみた。
お気に入りの1モジュール
Qu-Bit Wave
ドラムサンプラーとして音も良く気に入っています。
次に狙っているモジュール
Rossum Electro-Music ASSIMIL8OR
サンプラーで幅広いエディットができる物がほしい。
若旦那による一方的解説
左に並ぶWabetableオシレーターと4ch.サンプラーが目を弾く大胆な1段システムです。
Orgone AccumulatorとSerge Resonant EqualizerはKURφ氏が自分で組み立てたDIYモジュールです。
アンビエントなドローンサウンドとVarigate4によるリズムでモジュラーシンセらしいプレイが期待できますね。
大型の音源系モジュールとは対象的なコンパクトなSEQ部分が玄人感を感じさせます。
KURφ氏のモジュラーシンセプレイは毎月行われているModular Cafeというイベントで見ることができるので気になる方は是非イベントへ足を運んでみてください。
MOdular Cafeのイベントホームページでは過去のライブの音源も聞けます。

http://modular-cafe.strikingly.com
isei_ben
hukasawa_hideyuki
34423
Masaaki_Enatsu
KURO
募集
Hataken
Z_Hyper
morishita
dok-s_project
モジュモジュ村はモジュラーシンセ使い達の集うちょっぴりマニアックで素敵な村です。
住民達のアイコンをクリックするとコダワリの機材や使用しているシステムの解説などを覗き見ることができます。
モジュモジュ村の住民は続々増えていきますので、いつでも遊びに来てみてくださいね!!
Wurly’s取り扱いModular Synth一覧
audio damage
Blue Lantern Modules
Circuit Abbey
erica synths
HIKARI INSTRUMNETS.
Intellijel
Malekko Heavy Industry
Noise Engineering
Pittsburgh Modular
Synthrotek
X-fade
その他
宮地楽器Wurly’s! オリジナルセット

ページトップへ