モジュモジュ村民 34423
モジュラー歴:2016年から

プロフィール
電子音楽家。幼少より録音機器や楽器にふれ、独自の音創りをはじめる。容姿と相対する硬派なサウンドと鮮烈なヴィジュアルイメージで注目を集め、2013年待望の世界デビュー盤"Tough and Tender"(邂逅)をリリースし話題をさらった。その後も都内の大型フェスなどの参加や、ビジュアル面を一任するアートディレクターYU-KA TANAKAとのコラボ作品など勢力的に活動を重ね、今年2月”Masquerade”(邂逅)をリリース。また、鈴木光司原作 福田陽平監督のホラー映画「アイズ」、田中佑和監督長編映画「青春群青色の夏」などをはじめ様々な映画の劇伴をつとめている。

34423.jp
MODULARとの出会い
以前行われたModular Synth 座談会で対談相手のbenさん深澤さんとお会いできる機会を頂き初めてちゃんとモジュラーシンセに触れました。
ライブをする時にハードを使ってより直感的に自由に演奏をしつつ、ハードに偏らずラップトップPCと行き来できるセットを作りたいと思っていて、モジュラーシンセには前々から興味がありました。
モジュラーシンセの部分では外部から取り込んだ音のエフェクト的な鳴らし方とそれをリズムにしたいと思っています。
そして座談会を開催された時が何かとカリフォルニアにご縁がありハマっていた時期で、コンパクトエフェクターを作っているMalekko Heavy Industryのmodularの個性が気になって、最初ははじめるならこのメーカーからと思っていましたがまだ持っていません。
お気に入りの1モジュール
Pittsburgh Modular - Game System
真面目だけど、遊び心溢れる感じが好き。
振り回されつつ直感的に動いてくれるのでそこから展開を広げられて楽しい。
でも、最近はAUDIO DAMAGE - DubJr. MkII Synced Delay も同じくらい気に入っています。
三連系ビートをディレイから作りたかったので弄っていて楽しく見た目も可愛い。
次に狙っているモジュール
Malekko Heavy Industry Varigate 4
・Music Thing Modular Turing Machine Mk2
若旦那による一方的解説
モジュラーシンセだけではなくPCとの連携したライブも視野にいれているということで、シンセに必要なモジュールが一通り入っています。
しかしよく見るとVCFはマルチモードフィルターだったりEnvはSlewタイプだったりと今後システムが発展しても末永く使えそうなモジュールが並んでいます。
お気に入りにも上げているGame Systemは様々なモードをもつSEQでクロック以下の分解能のランダムトリガーを出せて彼女の作風にもマッチしていると思います。
84HPx2段のケースには、まだまだモジュールをマウントするスペースがあるので今後何が増えるのか楽しみです。
isei_ben
hukasawa_hideyuki
34423
Masaaki_Enatsu
KURO
募集
Hataken
Z_Hyper
morishita
dok-s_project
モジュモジュ村はモジュラーシンセ使い達の集うちょっぴりマニアックで素敵な村です。
住民達のアイコンをクリックするとコダワリの機材や使用しているシステムの解説などを覗き見ることができます。
モジュモジュ村の住民は続々増えていきますので、いつでも遊びに来てみてくださいね!!
Wurly’s取り扱いModular Synth一覧
audio damage
Blue Lantern Modules
Circuit Abbey
erica synths
HIKARI INSTRUMNETS.
Intellijel
Malekko Heavy Industry
Noise Engineering
Pittsburgh Modular
Synthrotek
X-fade
その他
宮地楽器Wurly’s! オリジナルセット

ページトップへ