World Trade Gear

Ramble FX | Marvel Drive V3 Black

4 input期Marshallのたすき掛けプリアンプ部のゲイン回路を再現するという、 目から鱗の革新的なアイデアで世界中で大ヒットを記録したRamble FX Marvel Driveがアップデート。

image-1
image-1
image-1

Ramble FX

Marvel Drive V3 Black
OPENPRICE (8%税込販売価格¥24,840)

カゴへ入れる

※宮地楽器神田店オンラインショップでのご注文となります ※既に販売済、品切れの場合があります。
※製品の販売価格や仕様、外観は予告無く変更になる場合がありますので予めご了承下さい。
4 input期Marshallのたすき掛けプリアンプ部のゲイン回路を再現するという、
目から鱗の革新的なアイデアで世界中で大ヒットを記録したRamble FX Marvel Driveがアップデート。
あえてToneを設けず、オールドマーシャルのサチュレーションのみを徹底再現するコンセプトは、
アンプや他のペダルとの相性を選ばず、とにかく合わせやすく使い勝手抜群。

パーツと回路のリファインが施され、本体に18V昇圧SWを搭載し使い勝手に更なる磨きがかかりました。
9Vと18Vの使い分けも、実機のアンプの50Wと100Wのチョイスに似たオペレーションを行えます。
さらに嬉しい副産物として電源が安定化し、サウンド面にも良い手応えを感じます。

サウンドを脚色して模倣する既存のPlexi系ペダルとは異なり、
多段増幅やクリッピングを用いた歪みではなく、オリジナル回路と同じシングルステージのゲインを再現することにより、
実機同等の操作感、フィーリング、そしてシンプルで洗練された増幅回路が生み出すオーガニックな歪み感を遺憾なく発揮。
”エフェクター”ではなく、”プリアンプ・ユニット”と言えてしまう機構、機能、サウンドです。

具体的には、実機同様にTreble, Normal共に0から10まで好みのゲインでクリーンからヒリつくドライブサウンドまでを存分にカバー。
オリジナルのアンプと同一の挙動を示すので、
一般的なペダルでありがちな「ゲインを上げた音は良くてもローゲインはオマケ程度」という感覚は皆無。
上記の実機同様の機構によりクリーンでも力強い張り出しとカリッとした輪郭を出力します。
たすき掛け特有の2ゲインが絡み合う有機的で複雑な歪みのアンサンブルは勿論、
Treble, Normalどちらか単一のみでも使用可能。
そして裏技的に、フルアップでは初期JCM800に酷似した飽和感と抜けを伴ったオールドスクール・ディストーションに。

とにかく、どのセッティングでも弦の輪郭まで再生されるようなオールドマーシャル特有の響き、
そして高域に伸びて行く倍音の出方が、”素直にアンプの音”と言ってしまいたくなります。
この高域の響き方と倍音の絡み方が、アンプライクペダルの相性問題の筆頭たるJC-120の固い高域とも奇跡的なマッチングを誇り、
ONしたのと同時にアンプを変えたかのような変化をもたらします。
チューブアンプでは勿論、アンプ側の真空管のニュアンスと絡み合い芳醇なサウンドを出力。

また、プリアンプ・ユニットたりえる所以として、他の機材との”接着剤”としての役割も。
例えばファズを直接接続する気になれないソリッドステートアンプやライン機器との間に”噛ませて”やることにより、
立体的な倍音とチューブライクな存在感、有機的にざらつくテイストを任意の量で付与でき、薄っぺらさと高域の痛みが解消。
急に他のソースと馴染み、ナチュラルな鳴り方を仕始めます。

ヘヴィなモダンMarshallは除きますが、普遍的なMarshallサウンドならばまず困ることのないペダルです。

ロック、ブルース、オルタナ、常にエレクトリックギターと共に存在した伝説のアンプサウンド。
別のアンプを使うにしても、ペダルで一台持っておいて損は無いでしょう。
ぜひこの機会に。

※既に販売済、品切れの場合があります。 ※製品の仕様や外観は予告無く変更になる場合がありますので予めご了承下さい。
<< 前のページに戻る<

↑ PAGE TOP