Sterling Modularのマスタリング/プロダクション・コンソールの主力ラインでもあるPLAN SERIESは優れた音響と人間工学に基づいた施工性能を誇ります。
多くのアクセサリや用意されているオプションを使用することができます。


PLAN UNO
PLAN UNOは限られた空間で小型のワークスペースを確保するというユーザーからの要望によって誕生しました。ラージサイズのコンソールの”サイドカー”として使用することもできますし、パワーアンプ、液晶用アーム、モニターのプラットホームを収容してDAWの為のオールインワン・システムとして活用することもできます。
他のPLANシリーズ同様、PLAN UNOはモジュール化されており必要に応じて容易に拡張することができます。
PLAN UNO スペックシート(pdf)

PLAN A
PLAN Aはニューヨーク、スターリングサウンドの為に設計されたオリジナルの画期的なコンソールに基づき設計されています。音響的に特に重要なマスタリング環境のために特別に設計された最初のコンソールで、寛大なラックスペースと最大限の放熱設計が特徴です。
- 上部の机・ベイで24U
- 前面下部ベイに12U
- 背面下部ベイ内12U

PLAN A スペックシート(pdf)

PLAN B
PLAN BはPLAN Aに追加ラック(POD)を搭載したモデルです。PLAN Aから追加オーダーすることも可能ですし、PLAN Bを最初からオーダーすることも可能です。
PLANシリーズはダウンサイズ/アップサイズ共に丸ごと買い換えることなくカスタマイズすることができます。
PLAN B スペックシート(pdf)

PLAN C
PLAN CはPLAN Bと同規模のラック数で、かつラップアラウンド型のコンソールで重要なモニタリング音場を確保しながら各コントロールを調整することを可能にします。
ラップアラウンド形状は最適なスピーカーLR比である30度で、3つのフロントスピーカー全ての初期反射音が均等になるよう設計されています。サウンドの余分な足跡を残さないというこの設計方式はSterling Modular製品の全てに適用されています。 PLAN C スペックシート(pdf)

PLAN D
PLAN DはAVIDのcommand8やMackie Onyx / Pro FX12と言った小型のデスクトップコントロール・サーフェスを使用した製作現場用に設計されました。
モニターのリアシェルフを減らしてコンソール全体の音響プロファイルが減少することでセンタースピーカーに対する障害を無くし、21インチモニタ2台を使用すること可能にします。
コンソールのセンター部分は足置き場として開いた構造になっています。
コンソール全体の音響プロファイルを減少させる設計はSterling Modular製品の全てに適用されています。

- 上側の机・ベイで24U
- 前面下部ベイ内の12U
- 背面下部ベイ内の12U
PLAN D スペックシート(pdf)

PLAN E
PLAN EはPLAN Dと形状は似ていますが、更に中央に8Uのラックを備えています。
元々はマスタリングコンソールとして設計されたものですが、 Tonelux "F"等のラックマウント可能なフェーダーやAvid Artist seriesを使用することでミキシング用途としても活用できます。
PLAN Dと同様、モニタリングの精度を高める為にローシェルフ構造になっています。
中央部の足元は快適なフットスペースとなるように開けることが可能です。
PLAN E スペックシート(pdf)

PLAN F
PLAN Fはオーディオ・トラッキング/エディッティング、マスタリング等を行うマルチファンクション・スタジオでの使用を想定して設計されています。小型のコントロール・サーフィスやリモートなど多数のギアを使用するのに充分な大きさとなっています。
PLAN Fは5つの構成で構築されています。
8Uのミドルラックは左右中央のいずれかに配置可能ですし、デスクエリアを最大限にしたい場合は排除することもできます(ご注文時に要オーダー)。
音場の外にモニタースピーカーをドロップする為にロー・リア・シェルフ構造となっています。

左右のアッパーデスク・ベイで合計24U
前面下部ベイ内の12U
背面下部ベイ内の12U
中央ベイに8U(デュアルセンターベイ内の16U)



※製品は全て分解された状態で国内に納入されます。
組み立て、納品、納入の形態等はご相談下さい。