Loading...
Loading...

Phoenix Audio DRS8 mk2

8 Channel Class A Microphone Pre-Amplifier

DRS8 mk2

Phoenix Audio

DRS8 mk2 OPENPRICE (8%税込販売価格¥378,000)

・トランスレス・インプット&クラスAアウトプット回路
・Neve2253、2254のサーキット・デザイナーであるDavid Rees氏によってデザイン
・カスタムワウンド・トランスと共にオリジナル回路の特色を生かした新しいクラスAアウトプット回路
・各チャンネルに入力切替Sw.、レベルメーター、Pad / +48V / Phase / HPFilter /Mute,出力コントロール搭載
・110V仕様


DRS8-mk2 はPhoenix Audioの伝統的なトランスレス・インプット&クラスAアウトプット回路を用いた8chマイク/ライン・プリアンプ&D.I.モジュールです。
DRSシリーズはPhoenix Audioの最初の製品、DRS2をベースにしており、1999年にリリースされたこのカスタムメイドのDRS2はその後カルト的な支持を集めました。ここで採用されたオリジナルのクラスAアウトプット回路はNeve2253リミッター、2254リミッター/コンプレッサーのサーキット・デザイナーであるDavid Rees氏によってデザインされたものです。

DRS8-mk2ではカスタムワウンド・トランスと共にオリジナル回路の特色を生かした新しいクラスAアウトプット回路として、より「真空管」的なサウンドとして高く評価されています。

各チャンネルに入力切替Sw.、レベルメーター、Pad / +48V / Phase / HPFilter /Muteボタン、アウトプットレベルコントロールを装備し、任意のチャンネルをヘッドフォンにてモニターすることも可能。アウトプットにはXLRの他にDB25P(TASCAM配列/インチピッチ)コネクタも用意し、現代のレコーディング・ニーズに対応しています。


仕様
・2U,19インチラックサイズの8chマイクプリアンプ
・110V仕様
・XLR,1/4コンボジャック採用(マイクインプット用のXLRとDI用ライン入力)
・XLRアウトプットジャック
・25pin“D”スタイルコネクター (“Tascam” Standard)
・ゲインレンジ (Mic input):-30 to -70 in 5dB steps With 10dB more available on the fader.
・ゲインメーター:5つのLEDによるヒステリシスメータリング。
・ファンタム電源:各チャンネルに48Vファンタム電源スイッチ搭載
・ハイパスフィルター:各チャンネルにロールオフ・スイッチ搭載(Roll-off -6dB per octave @ 80Hz)
・フェーズ・リバース:各チャンネルにインバース用スイッチ搭載
・ミュート:各チャンネルにミュートスイッチ搭載
・Pad:15dbにセットされたPadスイッチ搭載
・リコールし易い21ポジションのデテンド・アウトプットコントロール
・クラスAトランスレス・トゥルーバランスド・インプット
・トランス・バランスド・アウトプット:Phoenix Audio Class A DSOP-2 fully discrete output。トランスは全てカスタム・ワウンド。
・Output = +26dBu @ 1kHz
・Noise = -90dB @ 20Hz to 20kHz
・Frequency Response Mic Input Stage: -0.4dB @ 40Hz, -0.3dB @ 25kHz
・全てのユニットはPTFEシルバー・ミリタリー・グレードのケーブルによる配線


※製品の仕様や外観は予告無く変更になる場合がありますので予めご了承下さい。


【Phoenix Audio よくある質問】

保証期間内に筐体に傷が付きました。交換してもらえますか? - Q&A HARDWARE

オーバーホールをお願いしたいのですが - Q&A HARDWARE

デモ機を試用することはできますか - Q&A HARDWARE

SNS




    M.I.D. Magazine

    Copyright ©2017 Miyajishokai Co.,Ltd. All Rights Reserved.