Loading...
Loading...

Phoenix Audio DRS Q4 mk2

Stereo Class A Microphone pre-amplifier/DI/EQ

DRS Q4 mk2

Phoenix Audio

7/24-9/29まで期間限定で対象製品にスペシャルアイテムがバンドル!!2017 SUMMER PROMOTION対象製品
A:ハイエンド・ユニバーサルIEM Noble Audio CLASSIC Noble 6付属

DRS Q4 mk2 OPENPRICE (8%税込販売価格¥280,800)

本製品は受注を頂いてからメーカーにオーダーする商品につき、納品は受注より約1ケ月後になります。
メーカーの在庫状況によってはそれ以上の納期がかかる場合がありますので予めご了承下さい。


2chマイク、ライン、D.I入力
フルバランス・トランスレス入力
クラスA動作アウトプット回路
ハイインピーダンス1/4”楽器入力(D.I.入力)
2段階のLED出力レベルインジケーター
リコールやステレオリンクが容易な20ステップ・クリック式EQノブ
110V仕様


DRS-Q4 mk2は、11ポイントの周波数選択を持つ4バンドEQとマイク/ラインさらにD.I入力で構成された、1Uサイズの2chプリアンプです。25年以上に及ぶプロ・オーディオの世界での経験と今日の新しいコンポーネントと製造技術をもって、クラスA回路から生まれる往年の”あのサウンド”を再現し続けています。クラスAディスクリート技術の進歩を追求してきたPhoenix Audioが送り出すハイ・クオリティな音質に、きっと満足して頂けることでしょう。

DRS-Q4 mk2は、Phoenix Audio社製カスタム・トランスを採用したクラスAアウトプット回路を採用、さらに入力側は最新技術によるトランスレス・クラスAディスクリート仕様の設計になっています。このトゥルー・バランス入力が真空管ライクな暖かみのあるサウンドを生み出し、マイク/ライン/D.Iの全ての入力でこの質感を味わう事ができます。

4バンドの各周波数帯は+/-16dBのカット/ブースト機能と、高域は2wayのフリーケンシー・セレクト、以下3バンドは3wayの中心周波数を選択可能。さらに120Hz以下をカットするハイパスフィルターの組み合わせで、ワイドな周波数特性を持つソースに対しても音楽的なアプローチを持ってイコライジングが可能です。

フロントパネルは以下のパーツで構成されています。

MIC/LINE SENS
-30dB - -70dBの可変幅を持つ5dBステップのインプット・ゲイン。入力信号に歪みを加えないクリーン・ゲイン仕様。

2LEDアウトプット・インジケーター
0dBu/+8dBuのアウトプット・レベルを示す、2LEDインジケーター。

EQL
イコライザーのON/OFFスイッチ。11ポイント周波数選択と+/-16dBの使い勝手の良い音楽的なEQです。

DIスイッチ
前面パネルのDI I/P標準ジャック入力に切り替わります。この時INPUT SENSノブはバイパスされます。(最大出力+20dB)

HPFスイッチ
120Hz以下をカットする12dB/Octのハイパスフィルター。滑らかに低域を減衰させ、DRS-Q4 mk2の持つ音楽的な質感をさらに際立たせます。

PHASEスイッチ
信号の位相を反転します。

+48Vスイッチ
+48Vファンタム電源をマイクインプットに供給します。

MIC/LINEスイッチ
MICレベル - LINEレベルの切替え。-30dBのPadとして機能します。

GROUND/LIFTスイッチ
グランドループが発生した際にご使用下さい。

O/P LEVEL
クラスAディスクリート回路とカスタム・ワウンド・トランスフォーマーの組み合わせで、DRS-Q4 mk2の音色を劇的に変化させます。LEDメーターを見ながら出力レベルを調整して下さい。


イコライザーセクションの構成

High Band
10kHz - 15kHzの2wayセレクタ・スイッチによる+/-16dBシェルビングEQ

High-Mid Band
1.6kHz - 3kHz - 6kHzの3wayセレクタ・スイッチによる+/-16dBピーキングEQ

Low-Mid Band
200Hz - 400Hz - 800Hzの3wayセレクタ・スイッチによる+/-16dBピーキングEQ

Low Band
40Hz - 80Hz - 130Hzの3wayセレクタ・スイッチによる+/-16dBシェルビングEQ


DRS-Q4 mk2のサウンドは2つのゲインノブ、すなわち「インプット・ゲイン」と「アウトプット・ゲイン」の組み合わせによって、クリーントーンから倍音の効いたサチュレーショントーンまで幅広いサウンドを生み出します。 例えば、アコースティック楽器を録る際にはインプットステージで大きくゲインを稼ぎ、アウトプットを小さくする事で歪みを抑え透き通ったクリーンサウンドが好ましいでしょう。
逆にアウトプットステージで増幅すれば、テープ・コンプレッションをかけた様な倍音豊かな歪みが乗り、サウンドに鮮やかさが生まれるので、ロック・ポップスの録音に最適です。

DRS-Q4 mk2のインプット及びアウトプットステージは広大なヘッドルームを備えています。最大+26dBもの高出力仕様ですので、音量の小さなソース(例えばリボンマイクやパッシブ・ピックアップのアンバランス信号など)でも思う存分アウトプット・ゲインを上げて行く事ができます。


※製品の仕様や外観は予告無く変更になる場合がありますので予めご了承下さい。


【Phoenix Audio よくある質問】

保証期間内に筐体に傷が付きました。交換してもらえますか? - Q&A HARDWARE

オーバーホールをお願いしたいのですが - Q&A HARDWARE

デモ機を試用することはできますか - Q&A HARDWARE

SNS




    M.I.D. Magazine

    Copyright ©2017 Miyajishokai Co.,Ltd. All Rights Reserved.