Loading...
Loading...

Lavry Engineering DA11

DA Converter

DA11

Lavry Engineering

DA11 OPENPRICE (8%税込販売価格¥183,600)

・超低ジッター・モード
・特許申請中 PiC Playback Image ControlTM
・サンプル・レート30kHzから200kHzまで対応(入力端子により対応周波数は異なる)
USB:44.1-96kHz/Opt:32-96kHz/XLR,RCA(AES/EBUorSPDIF/IEC60958):32-200kHz(SPDIFは96kHzまで推奨)
・auto Crystal modeTMがジッターによって起こる波形の劣化を防止
・ポテンショメーターを使わないデジタル制御のアナログ・ボリューム回路
・高出力なディスクリート・ヘッドフォン出力
・XLR、USB、RCA (コアキシャル) 、オプティカル(Toslink)のデジタル入力ソース
・電源オン/オフ時、メインXLR出力とヘッドフォン出力のミュート保護
・バランス/アンバランス出力の極性反転機能


DA11はUSB入力、プログラム可能なセッティング、赤外線によるリモートコントロール、更にDA11のサウンドをさらに素晴らしいものにするユニークな機能、PiC(Playback Image Control)を搭載したDAコンバーターです。

より素晴らしい物を作り続けるというLavry Engineeringの伝統を踏襲した上で、DA11はステレオイメージを制御することへの柔軟性のあるアプローチと、ユーザーからの要望を結びつけました。
特許出願中であるPiC(Playback Image Control)は、ステレオ音場の中でリスナーの位置を調整するDA11特有の機能です。この機能はスピーカーで鳴らしているサウンドをヘッドホンで聴く感覚にしたり、非対称の位置に置かれたステレオスピーカーの"スイートスポット"を調節する機能を持ちます。

USB、XLR、RCA、および光デジタル・オーディオ入力はコンピュータ、ネットワーク音楽プレイヤー、またはスタンドアロンのCDプレーヤをソースとして使用する際に、スタジオ設備と同様の柔軟性を提供します。
バランス及びアンバランスの出力によりプロオーディオ機器のようにワイドレンジでハイファイなサウンドを実現します。
リモートミュート機能はヘッドホンとメイン出力のどちらも制御します。メイン出力とヘッドホン出力を個別に設定することでon/offをそれぞれ別々に切り替えることが出来る便利な機能です。

高く評価されたLavryBlack DA10のように、DA11はデジタル制御されたアナログボリューム回路を使用してスピーカーボリュームを制御することで、非常に透明感のある音楽的なDA変換を提供します。この方式により、DA11はプリアンプを通さずに直接パワーアンプやパワードのモニターに接続する究極の”ストレート・ワイヤ・リスニング”を可能にします。

注意:
DA11はMP3 playerのような携帯音楽プレイヤー用のヘッドホン(イヤホン)で使用する事を前提に設計されていません。
破損の恐れがありますのでご使用はお控えください。


※製品の仕様や外観は予告無く変更になる場合がありますので予めご了承下さい。


【Lavry Engineering よくある質問】

保証期間内に筐体に傷が付きました。交換してもらえますか? - Q&A HARDWARE

オーバーホールをお願いしたいのですが - Q&A HARDWARE

デモ機を試用することはできますか - Q&A HARDWARE

SNS




    M.I.D. Magazine

    Copyright ©2017 Miyajishokai Co.,Ltd. All Rights Reserved.