Loading...
Loading...

Lavry Engineering AD11

AD Converter

AD11

Lavry Engineering

AD11 OPENPRICE (8%税込販売価格¥205,200)

・44.1KHz, 48KHz, 88.2KHz and 96KHz サンプリング・レイト
・非常に安定した内部クロック
・外部ワードクロック/AESシンク
・外部機器とシンクする為のBNCワードクロック
・AES/EBU/IECのフォーマットを選択可能なデジタルアウトプット
・ワイドレンジ・LEDで選択可能なピーク・コントロール
・ピークレヴェル・コントロールの為のソフトサチュレーション
・ラックマウントキット(別売り)


AD11はポータブルなレコーディングシステムの為にUSB接続が可能なAnalog to Digital コンバーターです。

主な特徴として、ファンタム電源付きのマイクプリアンプ、ワイドレンジの広いLEDメーター、そしてラブリーの高品位なデジタルテープサチュレーションエミュレーション(ソフトサチュレーション)などが挙げられます。DA11等と同様に全てのセッティングはフロントパネルで操作することが可能です。

ラブリーのコンバーターは正確で定評があり、AD11は求めやすい価格で妥協無く確かな品質を提供します。
コンバーターとプリアンプはそれぞれどんなメーカーのものよりも優れ、その2つを一台にすることによりAD11は音楽性と機能性を結合させました。 USB出力はXLRとRCA AES/SPDIFデジタル・オーディオ出力の両方とパラレルで利用可能なので、ADコンバータから直接複数のレコーディング機器やモニターへ送ることが出来ます。

マイクプリアンプとファンタム電源は各チャンネルでソフトサチュレーション、+4/-10レヴェルを選択することが可能です。
AD10と同様に、AD11にはXLR-TRSコンボジャック(アナログインプット)が搭載されています。バランスもしくは1/4アンバランスプラグを挿入時は12 dBのフィックスドゲインが自動的に動作し、フロントパネルにて-10のコンシューマレヴェルから+4のプロフェッショナルレヴェルまで調節することが可能です。
ラインレヴェルは各チャンネルごとに1dBを12段階に区切ってフロントパネルで調節することが可能です。
バランスドのローインピーダンス・ソース(一般的なマイクロフォンのソース)には20から65dBのレンジ幅を提供することが出来ます。
つまりこれは、AD11とラップトップさえあればギターやキーボード等からのダイレクト・シグナルとマイクロフォンのボイス・シグナルを同時に録音する"デュアル・モノラル"レコーディングを可能にします。

チャンネル間の究極のマッチングは、AD11がハイクオリティなステレオ・マスタリング・アプリケーションや"真の"ステレオ・レコーディングに非常に適しているということを示しています。ホームスタオでもプロフェッショナルなレコーディングスタジオでも、AD11は正確なツールとして正しい結果をもたらしてくれるのです。


※製品の仕様や外観は予告無く変更になる場合がありますので予めご了承下さい。


【Lavry Engineering よくある質問】

保証期間内に筐体に傷が付きました。交換してもらえますか? - Q&A HARDWARE

オーバーホールをお願いしたいのですが - Q&A HARDWARE

デモ機を試用することはできますか - Q&A HARDWARE

SNS




    M.I.D. Magazine

    Copyright ©2017 Miyajishokai Co.,Ltd. All Rights Reserved.