Thermionic Culture

(サーミューニック カルチャー)

ナチュラルなチューブサウンドを極限まで引き出す

Thermionic Culture (サーミオニック・カルチャー) は、レコーディングエンジニアであるVic Kearyによってデザインされたスタジオ機器を製造・プロモート・販売するために1998年に設立されました。彼らの真の目的は、THERMIONIC VALVES (真空管)のサウンドはソリッドステート機器に比べて遥かに素晴らしいものであることを証明することです。
真空管はトランジスタに比べて歪みもノイズも非常に少ない上に、Thermionic Culture製品においてはSowter社の優れたトランスや熟練の技術者によって設計された回路を採用することにより、とてもナチュラルなサウンドを実現しました。

真空管を歪ませることで伝統的、魅力的、かつ音楽的なサウンドになりますが(Culture Vultureのサウンドを聴いてみて下さい!!)、Thermionic Cultureは歪みだけでなくクリーン・サウンドにおいても大変良質であるということをプロモートしたいと考えています。
いくつかのプロダクトにはアンバランスのシングルエンド・アウトプットを採用しており、とてもオープンなサウンドを提供します。
全ての製品は最高の基準に基づき伝統的なハンド・ワイアード point‐to‐point でイギリス国内で製造されています。

SNS

M.I.D. Magazine

Copyright ©2017 Miyajishokai Co.,Ltd. All Rights Reserved.